まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。

羽海野チカの世界

 

羽海野チカの世界展に行きたくて、今ハチミツとクローバーを読み返しているのですが

 

中高校生の頃に実家のベッドで読んでいた頃とはまた違った気持ちがどんどんどんどん溢れてくる

 

新しい気持ちも

 

もともと私の中にあったものがもっと深く沁み渡るような気持ちも

 

 

ぐさり、ぐさりと心に刺さっていく

 

 

 

漫画を読んでいて

 

絵は白黒なのに、なぜか色彩や陽の光が頭に浮かぶんです

 

夜の月の明るさとか

 

夕暮れの明るさとか

 

蛍光灯が灯った夜の校舎とか

 

 

少し湿った夜の空気も

 

真夏の森の中の爽やかな風も

 

乾燥してお酒臭い部屋の空気も

 

 

読んでる方に、見せているもの以上のものを感じさせること

 

ただひたすらに、すごいなあ、と

 

 

 

 

登場人物の気持ちも 痛いぐらいわかって

 

読んでてほんとうに涙が出る

 

 

 

すごいなあ

 

 

 

実家から、唯一こっちに持ってきた漫画がハチミツとクローバーです

 

18歳の私、ありがとう