読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

人との距離感?

すごく腑に落ちないことがあって、こうなったのが今日で2回目だったので、ブログに書こうと思います。

 


この前きゃりーぱみゅぱみゅがラジオで、

 

「どんな洋服でも誰か作っている人がいるわけだから、それを着ている本人がその服を否定したらだめ。そのお洋服に失礼」

 

みたいなことを言っていて、これが私も大変頷ける話でした。

 


洋服でもそうだし、時計とかネックレスとか鞄とか靴とか、どんな”もの”でもだれか作っている人がいて、それを買って持っている人はそれを選んで身に着けていると思うんですね。


だから、身に着けている本人がそれを否定するようなことを言うのは聞いているこっちも気分がよくないし、きゃりーちゃんの意見にはとても共感しました。

 


私は、それに加えて、ものに対して敬意がない人が苦手です。

 


洋服にしてもなんにしても、買う人は自分の好みのものを買います。

 

それはそれでいいし、自分の好みじゃないもの・理解の範囲外にあるものに関して興味を示さなかったり、どうかな~と自分の中で思う分にはいくらでも良いと思うんです。


でも、自分が理解できないもの(買おうと思わない、好みの対象外にあるもの)に関して、”ダサい”とか”変”とか”センスがない”とか言う必要はないし、言う権利もないと思うんですよ。

 

 

以前、仲良くしていた友人が、私と別の友人が写っている写真を見て「この人服がダサいね」って笑いながら言ってきて、すっごく不快な気持ちになったことがありました。

 

自分の大切な友人をそんな風に言われること・言えることについても腹が立つし、服について”ダサい”とか言葉にするって、とてもデリカシーや想像力がないと感じました。


それを言われて私は怒ってしまって、ごめんごめん、と軽く謝られたけど、もうその人のことを一瞬で軽蔑してしまいました。

 

 

よくわからない、とかださい、とか思うのは人として当たり前の感情なんだけど、
そういう気持ちを言葉にして外に出されると、一気に嫌な気分になってしまいます。


色んな好みの人がいるから色んなものがあるわけで、
流行のものが売れるからそれが一番、ってわけではないじゃないですか。


なのに、自分の感覚や価値観が正しい、っていうのかな、そういう自分の物差しでものを判断している姿勢に寒気がします。

 

 

今日もそういうことがあって、すごくいやな気持ちになってしまい…。


別にものを大事にしろとか言いたいわけではないんですけど、、なんか、なんでしょうね、、

 

今読み直してみると、別にものへの気持ちとか関係なくて、ただ思ったことをぽんぽん言う性格の問題なような気もしてきました。苦笑

 

 

人との距離感を適切にとればいい話ですね…。笑

 

すごく話がずれてしまったけど、

友達が多くても、本当に分かり合えて大事にしあえる友達は一人いれば十分、出会えたら幸せなんだと改めて思った今日この頃でした。。(゜_゜)

 

 

momo.

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村