まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

女心とうす曇り

朝からずっと薄暗くて、しっとりしていてあったかくなくて、でも時間は均等に流れていて、生きているのに死んでいるみたいに感じる。

 

今からシャワーでも浴びてお化粧して、映画館にでも行けば少しは変わると思う。

 

でも、どこかに出かけていても、結局帰ってくるとひとりで、ひとりだなぁと思う。

 

何をしても一人だと感じるなら、ひと時の孤独をまぎらわせる行為のために外に出るのもなあ、と思ってしまう私はひねくれていると思う。

 


東京で、こんなふうにひとりぼっちでいると、やっぱり東京にいるほうが良いんだと思う。

 

さみしいときは外に出れば、知らない人でもたくさんの人に会えるわけだし。

 

遊びに行く場所だってたくさんあるわけだ。

 


例えば恋人がいたらどうだろう。

 

少しは寂しさも紛れるだろうか。

 

それもそれで、違う意味で”ひとりだなぁ”と感じそうだなぁ。

 

ひとりでいること(私の場合は選ぶ余地ないけど)と、ひとりになることを余儀なくさせられていることとは、まったく別物だと思うから。


だから多分、どんな人も、家族といたって友達といたって恋人といたって、”ひとり”って感じてるんだと思う。

 

 

 


風邪もようやく治ってきたし、今日の晩ご飯はオムライスにしようかな。


あと、洋服の衣替えもかねて、断捨離をしたいと思っているんだけども、なっかなか捨てるのが難しい。

 

どうしても一人暮らしというのは必要なものが多くなるものなのだなぁ。

 

昨日判明したことだけど、私の家は本が大量にあってそれがスペースの大部分を占領しているから、それらをどうにかすればまだましになりそう。


積読のものも多いから、ひとつひとつ読んでいこう…

 

 


このもやもやとした3月、自分の力でどうにか這い出さなければいけないんだけど、くるし~。

 

そんなもんかぁ、人生。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村