まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

わたしの就活。

こんばんは。

 

ちょっと就活が一区切りしたのでご報告を・・・

 

行きたかった企業、役員面接で落ちちゃいました。

 

2週間結果待ちしてて、ずっと寝れなくてストレスフルで、待ってる間すっごくきつかったです。

 

なにをしてても上の空というか、なにも入ってこなくて。


バイトが終わって携帯みたら、結果連絡がきてて、あ~落ちたんだなっておもって。

 

そのまま帰ろうとおもったんですけど、なんか落ち着かなくて、近くの神保町に電車で行きました。

 

憧れの集英社がある神保町。

 


その日は雨で、傘をさすかささないかぽつぽつ雨が降り始めてて、濡れたアスファルトを歩きながら泣きました。

 

その企業に落ちたことも悔しかったけど、それだけじゃなくって、自分の就活ってなんだったんだろうって苦しくて涙が出ました。

 

もっといろいろ受ければ良かったかな。業界絞らなければよかったのかな。

自己分析も面接の練習もSPIの勉強も足りなかったな。

 

なにより、自分が本当に何をしたいのかって気づくのが遅かったな。

 


いろんなことを考えながら、やっぱり出版社行きたかったなあ、っておもってひたすら泣いてました。

 

the pillowsの”Funny Bunny”という曲があって、

 

君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ  

風の強い日を選んで走ってきた

 

という歌詞があるんですけど

 

この曲、わたしが浪人生のときも聞いてて、受験直前に聞いて泣いてたんです。

 

それで、その日もこの曲を聞いて涙があふれてきて、ああ、自分変わってないなあって。

 

いつもいつも夢みて無茶して走って 風が強い日ばかり選んできたように思います。


本当は私なにがやりたいんだろうな。と歩きながら考えました。

 

でもこんなのに答えなんてないのかもしれませんね。

 


3月から就活はじめて、半年。

 

気づけばあと2か月くらいでお正月がきちゃうんですね。

 

この一年、就活であっというまだったし、もっと楽しい事すればよかったな、と悔しくなるし。

 

けど、この半年ずっといろんな企業を受けてて、それが胸のなかにずーーっとあったんです。

 

今は○○受けてる、次は○○、って。あと何社ES出して、今は何社残ってて、、って。

 

そういうのが、もう今はな~~~んもないんです。空っぽ。

 

それがなんか、妙に心地よくてですね。ああ、なんだかんだいって頑張ったなあ、って。

 

もう受けたいって思うところがないくらい最後までやったなあ、疲れたなあ、としみじみ思いました。

 

だから、行きたかったところは落ちたし就活ももう無理やり終わった感じなんですけど、その日は泣きながらもすっきりしてました。

 

 

すっごい泣きながら歩いてて、気づいたら周りの人が傘をさしていませんでした。

 

ふっと顔をあげたら雨があがっていて、涼しくて湿気た風が気持ちよくて。

 

そのとき、きっといろんなことがあるけど、どれもきちんと終わっていくんだなあ、と実感しました。

 

嫌なことも、楽しいことも、いつか終わる。雨が降っててもいつかはあがる。

 

 

 

お母さんに連絡して、とりあえずゆっくり休んでこれからのことを考えればいいよって言ってもらえて、そうしようって思いました。

 

私はくよくよ悩まないので、もう泣いたりしません。

 

最初で最後の人生だから、むずかしいし、うまくいかないのも当然だし、それが私なんだって受け止めて前向いてこれからも歩いていきます。

 

自分がどう生きていくかの選択。どうなるかな!!選択肢が広がったと思えばそれはそれで楽しいです。

 

絶対この経験もぜんぶバネにするぞーーー!!!!

 

 

以上、長い長い報告でした!

 


momo.

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村