読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

新年度。

2015年度がはじまりましたね。

 

同年代の友達はみんな今日から新社会人。

 

わたしは浪人してるから、みんなとは一年ペースが違うけど、なんだかその差にも慣れて、あと一年後かあっておもいます。

 

今日はいちにちのんびりしていました。

 

ESを書きたくて、むかしのことを思い出すために浪人時代に毎日書いていたものを読み直していると、ふしぎな気持ちになったので、ブログを書いています。

 

かっこいいひとを見てきゅんきゅんしたり、早朝から起きて勉強したり、体調が悪くて死にそうになりながら予備校と病院にいったり、音楽と人に励まされたり、ストレスで食べまくっていたり。笑

 

忘れていた自分がそこにいて、こんなこともあったなぁ~ってゆっくり思い出しているところです。

 

そのなかでも、びっくりしたこと。

 

当時憧れていたメディアの仕事に今ついていることと、

 

お寿司屋さんで働きたいな~ってかいてあって(覚えてないけど)、実際に大学2年の時お寿司屋さんで働いていたことがあったこと。

 

なんだか、忘れていたけど、きっと当時夢みていたやりたかったことはきっともっといっぱいあって、それは今じゃ当たり前になっていることがたくさんあって。

 

時間がたっぷりあって、たくさん寝れて、大好きな憧れの大学に行って、近くにTSUTAYAがあって、料理ができて映画や音楽や漫画が好きなだけ楽しめて、友達と連絡とれて遊べて、好きなだけ勉強ができて、おしゃれができて、恋愛もできて。

 

やりたいことがあったらなんでもできる今。

好きなことを好きなだけできる今。

 

すっごくありがたい今なんだなぁって、心から思いました。

 


浪人時代は、心から楽しいことってひとつもなかった(そうかいてあった)らしいです 。

ずっと「受験」っていうものがこころの片隅にあったから、楽しいときももちろんあったけど、いつでもどこかで不安だった。


でも、絶対に早稲田に行くって信じて疑わずに頑張った自分がいたから、今の自分がいます。


辛くて辛くて寝れなくて体も壊して、ぼろぼろだったけど、周りのひとたちのおかげでなんとか乗り越えれて。

 


大学生活ここまでやってきて、今「就活」ってのを目の前にして、自分っていうものがどういう人間なのかぼんやりしていたんです。

 

もちろん、一人の人間のことを全て言葉で語りつくすことはできないけれど。。

 

今日、自分の浪人時代のことを思い出して、当時から変わった部分と変わらない部分っていうのを感じました。


そして、ここまで頑張って生きてきた自分に心から感謝しました。


だから、私、未来の自分に恥ずかしくないように、未来の自分が頑張ってよかったって思えるように、今目の前にあることにしっかり取り組んでいかなきゃなあ。って思ったんです。

 

わたしらしい、良い年度始めです。

 

2015年度、きらきらパワフルに最高に生きてくぞーー!!!!!

 

 にほんブログ村 女子大学生