まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

しゅうしょくカツ丼。

私、いま、サマーインターンのためのエントリーシートを書いたり面接にいったりグループディスカッションをしたりなんかしているのですが(といってもほんの数社)、

昨日はその数少ないエントリーした会社の選考会にいってきました。

 

飲料メーカーの会社で、オフィスがすっごく綺麗で、社員さんたちもすっごく穏やかで接しやすくて優しくて、めっちゃいいところでした。

会社の飲み物ひとり一本くれたし!太っ腹!\(^o^)/

 

グループディスカッションはメンバーがよくて、とってもいい議論ができて、たぶんどのチームよりも良かったとおもいます。ので出だし好調!!ふぅー!!

 

そのあと社員さんと個人面談でした。

一個内定をもらったインターン先でも個人面接だったのですが、だいたいそこと質問は似ていても、う~~んなんかちょっとちがう感じでした。

 

学生時代に一番がんばったことは必ず聞かれるのですが、

そのなかでも特に頑張ったことを聞かれて、がんばったものはがんばったんだが…って感じでよくわかんなくて考えこんじゃいました。

 

あと、その中で身に着けたことは?って言われて、えっと・・・ってなって

身に着けたことといえば対人関係のスキルが一番かなあってかんじで。笑

「人や集団のなかでのコミュニケーションが上手そうですもんね」

ってうまくまとめてもらえたけど(苦笑)、

 

そのほかもすっごい抽象的なことばかりこたえちゃって、社員さんには「つまり~~ということで大丈夫でしょうか?」って感じでいろいろまとめてもらってばかりでした。笑

こりゃ~だめだ~~っておもいながら答えてました。笑

 

むずかしいですね~。

 

なんか私、学生時代に「これ!」って言える技術はなにもみにつけてないんですよね。

パソコンができるわけでも、英語が話せるわけでもなくて、ただ毎日やりたいことを頑張ってるってだけで。

技術は伴っていないけど気持ちだけはじゅうぶん!ってかんじの人間。笑

 

学生ってそれでいいんじゃないのかな~っておもってたのですが、今の就職活動ではそれは通じないのかしら。

って、面接2回目を通して感じました。

 

う~~~~ん。

まあこんなふうに疑問を感じるのも当然で、わたしはそもそも就職活動に常に疑問をかんじている人間なわけです。

でもなんでサマーインターンに応募しているのかというと、

なんの準備も心構えもしないまま本格的に就活がはじまると、おそらく私のメンタルも体力もズタボロになるであろうことがわかっているからです。笑

なにもしないでいるよりは、体験してからまた考えればいいかな~と思って。(甘い)

 

けどやはり感じますねぇ~この就活のなぞ。。。

 

正直いうと、この飲料メーカーでわたしの本当に好きなことややりたいことがやれるのかって考えると、そうじゃないと思います。

けど、その会社のブランドだったり働いてるひとだったりが素敵だし、きっと働くとそれなりに充実するし楽しいとは思います。

 

けど、それでいいのかなあ。素敵な会社なんだけど、これは本当にわたしのやりたいことなのかなあ。やってるうちにみえてくるものなのかもしれないけども。

ぜんっぜんわかんなくて頭がいたいです。笑

 

本格的に就活がはじまるまでに、こうやっていっぱい考えて納得できる答えがだせるといいんだけどなあ。。

 

にほんブログ村 女子大学生