読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちえがお新聞

女子大生の日常のような雑記です。ラジオやってます。神木隆之介くんとウニ丼を食べるのが目下の目標です。→erimomo.com←

会いたいひと、やりたいこと

マンボウやしろさんというお笑い芸人がいまして、わたしは彼が「スクールオブロック」というラジオ番組でパーソナリティをやっていた時代から彼のことが好きなのですが、
そんなやしろさんのツイッターのつぶやきを読んで、ふと感じたことがあります。

やしろさんは、スクールオブロックのパーソナリティをもう退任されているのですが、数年前のそのラジオのリスナーと、ラーメンを一緒に食べたというつぶやきでした。そして、彼のお笑い芸人という仕事と人生に対する考えが述べられていました。

わたしは、やしろさんのことを、本当に尊敬していて大好きなので、絶対に死ぬまでに(とは言わず、できるだけ早いうちに)出逢いたいと思っています。

やしろさんは、そこで、明日死んでも、自分はお笑い芸人をしていて良かった、幸せな人生だったと思える、と言っていました。
この文を読んで、わたしはとっても爽やかで、幸せな気分になったんです。
好きな人が、じぶんの好きな人生を、じゅうぶんに謳歌しているということは、それだけでわたしまで幸せになれるものなのですね。
それと同時に、じぶんもこんな風に生きたいと思っていて、きっとじぶんにもできる、と確信できた喜びもありました。

わたしは絶対、将来やしろさんに会うって決めてるしなんかもうそれは自分の中で決まってるし(笑)、できれば何か一緒に仕事ができたらいいなぁと思ってて。
尊敬する大好きなひとはいまの時点でもたくさんいるのに、これから先生きてくうえできっともっと大好きなひとはできるわけで。
そう考えると、いま会いたい人にはたくさん会いたいし、わたしのこの人生はこの一度きりしかないのだから、大切に生きたいって思ったんです。
もたもたしてる暇はない。やりたいこと、その理由、きちんと考えて、やってやれないことはないから、行動する。
運は自分で引き寄せる。会いたいひとにあって、じぶんの望む最高の人生にしたい。
そう強くおもいました。
やしろさんのツイッターからこういうことに改めて気づけてよかったな。と。
さっそく!アクティブと勉強の夏にするぞ~!!